老後崩壊の理由

老後崩壊は、老後の病院代や事故だけでなく、現役時代の収入減少でも発生します。老後単身者の半数は、年金が月10万円未満になるため、準備不足は老後崩壊に繋がることが分かりますね。

 

(1)年金の動向 納付率の低下

老後の収入は、年金に頼っている世帯が多いだけでなく、現役世代に収入は見込めない人がほとんどです。年金制度は、老人の福利厚生に使ったため破綻が進んでいるため、年金カットが着実に行われていることが口コミで広がっていますね。

海外の年金基金は、株式投資や不動産投資などを世界中に行っており、複利の運用によって残高を大幅に増やしています。日本の年金基金は、老人が払った以上に受取っているだけでなく、老人の雇用のために年金が使われましたね。

年金納付率を見れば、老後崩壊になることを考えているため、若い年代が無理して保険料納付をしていないことが分かります。老後破綻は、悲惨な毎日になることが話題になっているため、投資や転職を比較して考える人が増えていますね。

 

(2)仕事のリストラで貯金がない

  1. 倒産で失業した
  2. リストラで失業した
  3. 出向で収入が減少した
  4. 転籍で収入が減少した
  5. 業績悪化によるリストラで失業した
  6. 業績悪化で手当てや残業代が削減された

老後崩壊は、いくつかの想定外が発生すれば、お金がない老後を過ごすことになります。老後は、退職金や年金に期待している人は多いようですが、金融資産が少なければ生活は困難になりますね。

老後破産の現実をまとめましたが、年金や退職金による生活は、不景気により崩壊していることが分かります。老後崩壊は、老人にだけ与えられてきた特権が、崩壊しているために発生していますね。

老後が崩壊した理由は、40代や50代のときに、十分な貯金がないことが最大の要因になります。日本企業は、終身雇用と年功序列制度は期待されてきましたが、社員の給料はリストラが進んでいますね。

企業は、正社員よりも非正規社員の採用を重視していますが、ベテラン社員のリストラや給与カットも進んでいます。老後の準備は、50代に住宅ローンや教育費を払い終えた後になる人は多いようですが、リストラが直撃すれば老後崩壊のリスクが高くなりますね。

(3)年金減額で収入減少

  1. 老後の年金を信用できない
  2. 老後の年金を支払えなかった
  3. 老後の年金が減額されていた

老後の生活は、年金が最大の収入源になっているという口コミが多く、生活費の下支えになっています。高齢者は年金で儲けることに成功していますが、これからの年金受給者は年金減額が始まっており、低利回りによって巨額の損失が発生することになりますね。

厚生年金の収支は、高齢者だけ儲かる仕組みになっているだけでなく、利回りが非常に低いため最低の金融商品になっています。年金崩壊は、若いほど悲惨になるため、年金には期待できないと言う口コミが多いですね。

60歳カードローン審査ゆるい口コミ評価をまとめましたが、退職前であっても、生活が苦しいためお金を借りる人が増えています。老後難民は、消費を節約して貯金をする大きな理由になっていますが、収入減少だけでなく支出増加も増えているようですね。

(4)医療費の出費が多い

  1. 現役時代に持病がある
  2. 老後に通院や投薬が増えた
  3. 老後になってから持病が悪化した
  4. 老後になってからガン進行が発覚した
  5. 老後に歩いていたらこけたため骨折した

現役時代から持病のある人はいますが、老後になってから病院への通院は増える人が多いです。老後崩壊は、体力の低下による持病の悪化だけでなく、複数の病院に通うことにより医療費が増加することになりますね。

住宅ローンの老後破綻をまとめましたが、健康が崩壊することは、マイホームを購入するときに想定していない人が多いと思います。老後を考えれば、駅前のマンションは通院しやすいため、老後崩壊を回避する選択肢にもなっていますね。

老後は、持病の悪化や想定外の病気になったため、生活するのが辛いという口コミがあります。老後崩壊は、歩けなくなったことがきっかけという人もいるため、老人がこけて骨折することが多く老後破綻のきっかけにもなりますね。

老後は、腰痛や背骨が痛くなるということが多く、自動車の運転が難しいため交通費も高くなります。自家用車は、若くなればなるほど景気悪化で所有が減少しているため、老後の生活は転ぶだけで老後が崩壊することがありますね。

(5)乗り物の事故により慰謝料や通院代が発生

  1. 自転車のバランスが崩れて転倒した
  2. 自転車の運転に失敗したため追突した
  3. 自転車のブレーキが遅れたため歩行者にケガをさせた
  4. 高速道路を無理矢理ユーターンしたため追突事故を起こした
  5. 自動車のアクセルとブレーキを間違えてコンビニに追突した
  6. 自動車のブレーキが遅れたため歩行者をはねてケガをさせた

老人は、視力低下や乱視によって見えにくくなっているだけでなく、運動機能や反射神経が低下しています。老人の自動車事故は、自転車や自動車で増加しており、事故が発生による慰謝料で老後が崩壊する事例が発生していますね。

自転車は、バランス感覚が求められるだけでなく、歩行者の飛び出しに対応したり足を着く動作が重要になります。老後になれば、足腰が弱っているうえに反応が遅いため、転倒したり追突したりする事故が増加しますね。

老後に必要なお金夫婦のシミュレーションをまとめましたが、保険の支出を節約しないことにより、事故による老後崩壊を防ぐことができます。老後は、交通の便利な都会に住み続けたとしても、老後に自転車運転や自動車運転によるリスクがあります。

老後になっても、自動車が生活に必要な地域はありますが、追突事故で店を破壊することもあります。老後は、歩行者やバイクに接触してケガをさせることもあるため、人生が崩壊しないように任意保険加入が重要になりますね。

(6)家庭の崩壊

  1. 独身で家族のいない老後
  2. 離婚により老後が崩壊した女
  3. 浮気により老後が崩壊した男
  4. 慰謝料により老後の貯金がなくなった
  5. 慰謝料により老後の自宅がなくなった
  6. 妻は免許がないため旦那が亡くなれば生活難民になる
  7. 夫は妻に家事を依存していたため妻が亡くなり老後が崩壊した

家庭の崩壊は、独身家庭だけでなく二人以上世帯の老後の生活にも、大きな影響を与えることになります。離婚する家庭は、性格の不一致や浮気で増加しているため、慰謝料の支払により貯金や自宅がなくなった人も多いようですね。

貧困率推移の影響 子育て破綻をまとめましたが、シングルマザーは養育費を受取れずに貯金が厳しいため、老後崩壊のリスクが高くなりますね。老後に備えて、夫婦共働きの重要性が指摘されているため、生活が崩壊したときの備えが重要になっています。

老後の崩壊は、結婚していたとしても夫婦のどちらかが先立ったり、子供の教育費が多いため生活が破綻したというのもよくあります。投資や保険は、年齢に関係なく学習すれば始めることができるため、少しずつでも老後に備えることが重要になっていますね。