悲惨な老後(老後破産)から抜け出そう

テレビ、週刊誌、本などで「老後破産」がたびたび取り上げられています。「老後破産」とは、高齢者が生活保護基準より低い収入で生活している状態を指し、高齢者世帯の約4割が老後破産状態にあります。一人暮らしの世帯の半数が低収入で、そのうち3分の1の人が生活保護を受けており、残り3分の2の高齢者が老後破産の状態にあるようです。

これらの人々は、定年退職前には「自分が老後破産するとは考えたことも無かった」と言います。会社員として定年まで働き、退職時には2千万~4千万円の貯蓄があった人もいます。

では、どうして老後破産になってしまったのでしょう。原因は主に四つ挙げられます。

第一の原因は、年金が生活費より少ないことです。平成27年(2015年)度の国民年金の月額は、満額で6万5008円、夫婦2人で13万16円です。これでは生活できません。この金額は子世帯と同居することを前提に決められたものです。今後さらに年金額は減り、年金から引かれている健康保険料、介護保険料は値上がりするため、生活はますます苦しくなります。

平成26年の高齢無職夫婦2人の平均的な収入は17万638円、それに対する高齢無職夫婦2人の平均的な生活費は23万248円で、約6万円足りず、生活するのは大変です。そこで、足りない分を補うために貯蓄することが必要になります。夫婦2人で3000万円あれば老後の生活費は賄えると言われていますが、それでも老後破産してしまう場合もあります。

第二は、医療費の使い過ぎのケースです。預貯金がかなりあっても、先進医療や健康保険が適用できない自由診療を受けることによって、お金を使い過ぎないことが大切です。自由診療は全額自己負担になるため、あっと言う間に医療費が数百万円になってしまいます。老後の生活費を計算し、ゆとりが無い場合は健康保険が効く医療を受け、高額医療には高額療養費制度を利用して支出を抑えることが必要です。