老後破産する原因11個~誰にでも老後破産の危険性は有ります。 | 【節約投資のススメ〆】

■住宅を持っている場合や住宅ローンを組んでいる場合等 生活保護は生活に苦しい人の為のセーフティーネットですから、資産がある人は生活保護を受けられない場合が有ります。また、住宅ローン等が残っている場合には「生活保護で受け取ったお金でローンや税金を払う」なんて事になってしまい、制度の趣旨から外れるので、そういう場合も生活保護を受けられない事が有ります。

 

 

老後破産 理由

高齢者世帯の約4割! 多くの人が逃げられない「老後破産 …

www.nikkeibp.co.jp › ライフ

2015/07/08 – 生活保護基準よりも低い収入で生活する「老後破産」状態にあるというのだ。 … 上記記事を執筆したファイナンシャルプランナー(FP)の藤村紀美子氏によれば、高齢者が老後破産状態に陥る原因は … そこにはそれなりの理由があるのだ。

「恐怖の老後破産」55歳からの防衛術 – 老後破産

老後破産.jp/「恐怖の老後破産」55歳からの防衛術/

「9月末にNHKスペシャル『老人漂流社会”老後破産”の現実』という番組を見て、背筋が凍る思いがしました」(Aさん). Aさんが戦慄を覚えたの … 食べるにも困る、この200万人の窮状を”老後破産”と呼ぶんです」(全国紙経済部記者). 高齢者の16人に1人が” …

このページに 2 回アクセスしています。前回のアクセス: 15/07/11

老後破産の原因と対策 ノンストップで紹介 – 老後破産

老後破産.jp/老後破産の原因と対策-ノンストップで紹介/

2015/04/10 – なぜ、老後破産に陥ってしまうのか? 破産をしてしまう理由は、元々経済的に厳しかったとか、 贅沢をしてしまった結果とかではなく、ごく真面目に定年退職まで働いた人が破産するというケースが多く見られるとういことでした。 特に最近は年金 …

為替王 : 老後、2人に1人が破産する理由 – ライブドアブログ

blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/52061273.html

2015/01/05 – 老後、2人に1人が破産する理由. 0205 「生活保護より低収入の高齢者世帯の割合が56%に達している」 衝撃的な調査結果が発表されました。 彼らの多くは、卒業後ずっと真面目に定年まで働いて、 老後は趣味・旅行など気楽な生活をおくる …

老後破産する原因11個~誰にでも老後破産の危険性は有ります …

www.danna-salary.com › お金の話

2015/04/05 – 老後破産・・・聞くだけで暗くなってしまいますね。しかし老後破産は誰にでも起こりうる事です。何がキッカケで老後破産に追いやられるかは分かりません。まずは老後破産してしまう原因をしっておきましょう。その上で対策を練っていけばリスク …

15/08/06 にこのページにアクセスしました。

2500万円の貯蓄があっても老後破綻する理由 – 新潟住まいの …

niigata-money.com/topic/2500-2/

2500万円の貯蓄があっても老後破綻する理由. こんな事例は初めてでした。 新潟住まいのお金相談室が行っている. ”マイホーム予算診断サービス”。 これからの人生の収入と支出を予測して. 未来の家計を予測を行っています。 現時点で分かっている情報を …

「老後破産」激増の危機と「大人のひきこもり」—『大人の …

gendai.ismedia.jp/articles/-/40843

2014/10/31 – 老後破産」激増の危機と「大人のひきこもり」—『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』著・池上正樹 | このたび、『大人のひきこもり―本当は「外に出る理由」を探している人たち』(講談社現代新書)を出版することになっ …

高齢者世帯の4割は老後破産状態?少ない年金、住宅ローン …

biz-journal.jp › マネー

2015/02/25 – 「Thinkstock」より テレビ、週刊誌などでは、「老後破産」と銘打ち老後の生活に苦労している高齢者を取り上げることが増えています。 「老後破産」とは、高齢…(1/2) … でシェアナンバーワン! 「趣味人倶楽部」が高齢者を魅了する4つの理由.

老後破産の現実 – 粉飾決算 脱税と倒産 – Blogger

funshoku.blogspot.com/2015/01/rougo-hasan-riyu.html

2015/01/31 – 老後崩壊の理由をまとめましたが、老後破産は想定外の支出によって、いつでも発生する可能性が高まります。子供の教育費は、老後破産に繋がるリスクがあると言われていますが、地元の公立進学と県外私立進学を比較すれば1000万円 …

【第2回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心 …

https://www.k-zone.co.jp/study/learning/MoneyNavi/…/02.html

今、年金生活を送っている世帯の64%は国の年金に老後の生活を100%依存しているそうです。こうした生活は老後の基礎的収入を得ることはできても、豊かな老後とはいえなくなります(今までも公的年金だけで豊かさは実現困難でした)。これからの世代は国 …

老後破産を防ぐ必要はない

NHK「老後破産の現実」という報道番組が昨年放送され、それに触発される形で、またもや、「老後にはこれだけ資産が必要だ、貯めなければならない。ついてはウチの金融商品を」というようなお決まりの報道が続いている。

老後破産記事の中で、まとまった文章の形で見やすいのは以下だ。

賢者の知恵 老後破産
第1部
第2部
第3部

第1部は、本来払う必要のない金を払っていたりする特殊ケースばかりで参考にならない。第2部はプライドがあって福祉を受けたくないというくだらない話。第3部は地味に暮らしていても金がなくなるシミュレーションであり、ここだけ読む価値がある。確かに、貯蓄+年金のみでは、死亡するまでの生活を支えることは難しい。ここには「支出を抑える」「引退後も働く」という対策が示されているが、根本的な問題が無視されているので、書いてみたい。

結論から言えば、老後に破産してもかまわないのだ。

家計破綻 → 財産処分 → 生活保護

というルートをたどると、たしかに生活が激変することがあり、特に若い世代では人生が変わってしまう。こどもの大学進学はできなくなるし(世帯分離すれば可能)、信用情報に傷がついて、その後は借金をしづらくなる。生活保護世帯が持てる資産には限度があり、特に、ローンつきの住宅は処分せざるをえない。

しかし、高齢者については、ほとんど問題がない。生活が変わらないのである。

有病者や要介護老人の場合、生活保護者と有資産者とが、同じ病院、施設に入っているのだが、待遇にはほとんど差がない。あれが生活保護者だと言われなければ、見分けがつかないはずだ。在宅であっても同様である。金がなくてミジメな老後を送るということはありえない。

「老後破産」関係でよく言われる「今後は財政が窮迫するから福祉にも頼れなくなる」という論点も、福祉の優先順位が、年金 << 生活保護であることを考慮すると、やっぱり問題がない。年金支給額が大幅減額されることはありえるが、生活保護が大幅減額されることはない。生命の維持にかかわるからだ。年間支給額は、生活保護が5兆円、公的年金が50兆円なので、どちらが先に削られるかは明らかだ。

健康で体が動く限りは、生活保護水準を超える消費支出の恩恵があるので、金はあった方がいいが、そういう人は働き続ければいい。現役時代と同額の所得を得る必要はなく、貯蓄の減少速度を減らす程度に所得があればいい。健康でありさえすれば、何らかの仕事は可能だろう。極端な話、自動車が運転できて、日本語能力があり、四肢が動きさえすれば、仕事がある。

気をつけるべきは、こういう情報で不安を煽られ、不要な商品を買わされることだ。

民間医療保険、民間介護保険、毎月分配型投資信託など、違法ではないが、高齢者の資産を搾取するだけのくだらない金融商品はたくさんある。中途半端な分散投資もコストがかかり、資産の使い勝手を悪くするだけだ。そもそも、財政破綻したら、余裕資産は真っ先に没収されるだろう。

「住むところがあれば安心だ」と思い込んで、高額の住宅を買うなど論外である。換金しづらい居住用不動産を持っていたら、医療介護が必要になった時に、とっさに金を出せなくなるし、福祉も受けにくくなる。そもそも、引退後に自宅に住める時間なんて、大して長くない。要介護状態になったら、施設に入らざるをえないのだ。

老後の生活を向上させるもっとも重要な備えは、投資ではなく、健康を維持することである。

健康であればこそ、金を稼げるし、その金で生活を楽しめる。高価な器具や食品はいらない。認知症予防法はない。適正体重の維持と運動と禁酒禁煙をお薦めしたい。金がかかるどころか、生活費の節約になるだろう。

老後破産の原因と対策 ノンストップで紹介

いま、急増しているという老後破産をご存知でしょうか?
フジテレビ「ノンストップ」で取り上げられましたので紹介します。

老後破産とは

老後破産とは定年退職後に退職金も貯金も底をついてしまい破産状態になってしまうこと。
厚生労働省によると年金を含めて年収¥150万未満のシニアが200万人いるといいます。

老後破産の原因

なぜ、老後破産に陥ってしまうのか?
破産をしてしまう理由は、元々経済的に厳しかったとか、
贅沢をしてしまった結果とかではなく、ごく真面目に定年退職まで働いた人が
破産するというケースが多く見られるとういことでした。
特に最近は年金が減る時代になってきたので、今後も老後破産は増えてくると
考えられるそうです。
キーワードとなるのが老後破産に陥るきっかけの谷間の5年。
谷間の5年とは、定年退職後60歳~64歳までのこと。
受給している年金の額が普通に生活するために必要な金額より少ない期間のこと。
シニア夫婦が1年間にかかる生活費約¥300万(1ヶ月で約¥25万)
ところが61歳~64歳までの4年間は夫婦で年間約¥100万(1ヶ月¥8万)
年金だけでの生活では厳しい。この間は退職金や貯蓄を切り崩すことになります。

定年後生涯に必要な生活費は約¥1億必要。※85歳まで生きると仮定すると
年金約¥7000万+貯蓄¥3000万
準備しておくのが貯蓄¥3000万。
実際に定年後のこの¥3000万準備していないため老後破産に陥るといいます。

その他にも老後破産に陥るケースがあるといいます。

ケース1:息子への想定外の出費

息子夫婦がローンを組んで家を建てたが、3年後息子(41歳)がリストラにあい
毎月のローンが払えなくなってしまいローンのお金を親が援助することに。
40歳を過ぎた息子はなかなか仕事がみつからずアルバイト暮らし。
結局未だに毎月援助することになり5年間で¥750万援助することに。

ケース2:シニアが投資にはまる

定年退職後、銀行から投資の勧誘を受ける。
投資初心者だったが退職金¥3000万全額注ぎ込むことに。
リーマンショックで大暴落となり¥1800万損することに。
挽回しようと¥1200万をさらに別プランに変更してさらに暴落して
結局手元には¥500万だけに。
なぜ、全額投資するのか?多くのシニアは子供や孫のために少してでも多く
財産を残してあげたいというおもいから投資してしまうといいます。

老後破産の対策

定年退職後60歳~64歳までの谷間の5年で老後破産しないためのポイント
1.借金しない
2.退職金に手を出さないこと
3.元気なうちは働く
年金生活に慣れるような家計にダウンサイジングする必要がある。

老後破綻(破産)の原因と対策について NHKを見て不安者続出

朝からめちゃくちゃテンションの下がる記事を書こうと思います( ´∀`)

今日のテーマは、「老後破産(破綻)」です。

 

以前より「老後に蓄えは必要だ」と言われておりましたが、NHKスペシャルで「老後破産の現実」というものが放送され、そこでは月に食費4000円程度しかかけることができず、野草を食べられている高齢者の方などが登場し、多くの方が衝撃を受けました。

若いうちは「働いたらいいじゃん」と言うこともできますが、ご高齢だとそうも言えません。

ましてや独身者となると娘や孫に頼ることもできず、後は刻々と命を数えるのみ…。

そんな生活に、恐怖を覚えている人が多いようです。

 

老後破産(破綻)の原因とは?

そもそも何を老後破産というのかというと、老後に収入よりも支出の方が多くなり、破綻してしまうことをいいます。

主な収入は年金になると思われますが、支出は何になるのか。

最近話題となっているのは、住宅ローンです。

住宅ローンで破綻する人が今年に入って急増している

また意図しない医療費等によって、貯蓄がそこを尽きてしまう場合も多いようです。

老後、2人に1人が破産する理由

「生活保護より低収入の高齢者世帯の割合が56%に達している」
衝撃的な調査結果が発表されました。

彼らの多くは、卒業後ずっと真面目に定年まで働いて、
老後は趣味・旅行など気楽な生活をおくるはずでしたが、退職から
10年前後で貯金・退職金が底を尽き、1日数百円しか使えない極貧生活へ。

◆ 真面目に定年まで働き続けたのに老後に貧困・破産に陥るケース

●ケースA
38年間勤務して60歳で退職。当時の貯金は退職金もあわせて約3200万円。妻の闘病で高額費用がかかったこともあり、退職から11年後に貯金が底を尽き、71歳にして年金だけではとても暮らしていけない極貧生活。

●ケースB
新卒で正社員として23年間勤務。早期退職して独立するもうまくいかず退職金を使い果たす。83歳の現在、家賃などを差し引くと、1日500円以下に切り詰めないとやっていけないほどの貧困。

●ケースC
大学卒業後に就職して定年まで勤続。さらに定年後も再雇用制度を利用して71歳まで働き続ける。退職金と年金収入で悠々自適の生活だったはずが、持病の治療費などがかさみ、退職から10年後には貯金が底を尽きて破産。

●ケースD
正社員として定年まで勤め上げる。退職時には預貯金2500万円に株などもあわせると資産4000万円もあり比較的裕福だった。プチ富裕層だった彼は、家族の交通事故をきっかけに高額の入院費・慰謝料などを支払って資産が激減。かわいい孫をファミレスにも連れて行けない。ファミレスにいくと、何日分かの生活費が吹き飛んでしまう貧困状態。
(※以上、週刊現代より一部引用させていただきました)

◆老後の貧困・重税・破産の対策は?

image002今の日本では50%以上の確率で、老後は生活保護以下の生活になります。
年金・保険は事実上破綻しており、ますます悪化することは確実。
何も対策をとらなければ、老後は毎日500円以下しか使えない貧困生活になりそうです。

『今すぐはじめられる税金対策
満載ガイドブック2015年最新版』

期間限定!今だけ無料プレゼント実施中!
2015年最新版のお申込みはコチラから
(完全無料、約5分で完了)

第1章 「増税」「年金破綻」「健康保険破綻」 三重苦に耐えられますか?
~将来ますます負担増!どうすれば明るい未来が開けるか? ~
・平均寿命より長生きしても、年金は払った分の元がとれないってホント?
・海外へ富裕層は更に移住?日本から富裕層が消えていく?
・自分は病院に行かないのに月額8万円超も健康保険を支払わされる?
・そもそも昔は税収って足りていたの?なんで足りなくなったの?
・今苦しくても老後は楽に生活出来る、は大きな勘違いの時代がやってくる?
・老後も更なる重税負担の時代へ なぜ増税しないといけないのですか?
現役時代まじめに働いても老後破産してしまう理由とは?
~今の現役世代は50%以上の確率で老後は生活保護以下になる?!~
老後の貧困を避けるために、あと資金はいくら必要か?
・老後の貧困生活、破産を回避するために、今すぐ何をするべきなのか?
・今子供のために孫のために出来ることは?

~~~~~~~~~~ お便り大募集 ~~~~~~~~~~
先日、読者のKさんから貴重なお便りをいただきました。

「昨今の、情勢を鑑みますと、将来への投資は、既にやるやらないという次元ではなく、
誰もが、取組まなければならないことへと変わっていると思います。
時間を見方につけて取組む以外に、一般人が生き延びる術はないと思います。」

私は、こんな老後マネー対策、プランを計画しています、実行しています。といったお便りを大募集しています。
まじめに働き続けても老後は貧困生活になるなんて信じたくありませんが、
現実を直視して、一日も早く老後の貧困・重税・破産対策を始めていきましょう。
為替王質問メールはこちら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆老後の貧困・重税・破産対策ガイドブックとは?

image002老後の貧困・重税負担が現実の時代へ
『今すぐはじめられる税金対策満載ガイドブック2015年最新版』
     ~あなたは老後の破産を本当に避けられますか?~

【目次】

第1章 「増税」「年金破綻」「健康保険破綻」 三重苦に耐えられますか?
~将来ますます負担増!どうすれば明るい未来が開けるか? ~

■平均寿命より長生きしても、年金は払った分の元がとれないってホント?
■海外へ富裕層は更に移住?日本から富裕層が消えていく?
■自分は病院に行かないのに月額8万円超も健康保険を支払わされる?
■そもそも昔は税収って足りていたの?なんで足りなくなったの?
■今苦しくても老後は楽に生活出来る、は大きな勘違いの時代がやってくる?
■老後も更なる重税負担の時代へ なぜ増税しないといけないのですか?
■現役時代まじめに働いても老後破産してしまう理由とは?
~今の現役世代は50%以上の確率で老後は生活保護以下になる?!~
■老後の貧困を避けるために、あと資金はいくら必要か?
■老後の貧困生活、破産を回避するために、今すぐ何をするべきなのか?
■今子供のために孫のために出来ることは?

第2章 あなたも将来、相続税で破産する?!

■2015年から相続税大増税! 一般家庭でも相続税が払えない危機続出!?
■相続税の大増税、ここがポイント
■我が家は相続税ゼロだったはずが、2015年から急に課税対象2,400万円に!
■相続税ゼロから、2015年以降は課税対象3,200万円に激増するケース
■郊外の小さな家でも、相続税300万円負担の悲劇!
■相続税が払えなくて赤字!自腹700万円!
■相続税が払えず家を売り、住むところがなくなる!一般家庭でも死活問題
■家を相続してもう家賃は不要と思ったのに、家賃・住宅ローンを死ぬまで背負う悲劇
■20坪や30坪の狭小住宅でも、相続税がかかる!

第3章 サラリーマン・OL・公務員もみんな使える!新しい節税法
~国や会社に飼い殺しされない生き方、自分らしく生き抜く方法~

◇ 国の奴隷から抜け出す! 会社員・公務員のための画期的な節税編 ◇
■あまり知られていないけど、すごく使える新しい節税法とは?
■サラリーマン節税法の利用者は260倍に急増!乗り遅れるな!
■こんなものまで認められるの!驚きの“おいしい”控除一覧
■ウソみたい!これでホントに節税できるの?まさかのリスト
■いくら節税できるの?上限65万円も?
■ブラック企業に勤めるあなたは、この方法でお金を取り戻せ!
■サラリーマン・OL・公務員もみんなガッツリ節税できる3つのステップ

◇ 勤務先の奴隷から抜け出す! 会社員・公務員のための副業テク編 ◇
■サラリーマンの副業・FXの税金が勤務先の会社にバレない裏ワザ
【コラム】公務員の副業は大丈夫?
■これで会社員のあなたもセーフ!副業がバレないマル秘テクニック
■【注意警報】副業がバレない裏ワザが禁止される!?
■副業・FXがすべて会社にバレるように変更される? 対処法を教えて!
■これからの時代、FXをする会社員だけが生き残れる理由
~会社の税金と、投資の税金、まさかの真実~

第4章 100%確実にトクする「ふるさと納税」の利用法
~あなたも今スグ確実に何万円もトクする方法教えます~

■ふるさと納税のカラクリ
■なぜ「ふるさと納税」で100%儲けることが可能なのか?
■ふるさと納税で100%確実に5千円トクする方法
■ふるさと納税で100%確実に2万8千円トクする方法
■実録!おいしくて大満足!ふるさと納税利用法 ~最高級の三田牛~
■5分で完了!絶対にトクするふるさと納税 簡単ゲット3つのステップ
■最高いくら?「ふるさと納税」で100%確実に100万円以上トクするケースも?!

第5章 消費税の再増税の不安を吹き飛ばせ!
~消費税10%になったら?家計への影響とスグできる対策を教えます~

■消費税アップで、我が家の負担はいくら増えるの? 誰でも簡単に計算できます!
■消費税増税の前に、今すぐしておくべきこと
~10秒で計算できる為替王オリジナル、増税対策の魔法の数字を大公開!~
■消費税増税に向けて一般家庭で出来る超簡単な対策 そのⅠ
~為替王オリジナル魔法の数字を使って、ラクラク家計簿チェック~
【コラム】安全運転を1週間続けるだけで、消費税分を節約できる?!
■消費税増税に向けて一般家庭で出来る超簡単な対策 そのⅡ
~お小遣いはいくらにすればいい?~
■不当な値上げを許さない! 値上げし過ぎのケースを一瞬で見抜く裏ワザ公開!
~便乗値上げに泣き寝入りしない、魔法の数字の使い方~
■消費税増税に負けない対策
~増税で個人の生活は苦しくなる一方なのか?防衛策は?~
■海外の消費税ってどうなっているの?
~世界の消費税の税率比較リスト~

第6章 住宅購入と消費税、大きな勘違いで大失敗?!
~戸建て・新築・中古マンション 増税の影響ケース別具体例!~

■本当に消費税の増税前に、住宅購入するのが有利なのか?
■この勘違いは最悪! ○○は税金ゼロ!
■消費税10%に増税されても40万円もトクするケースとは?
■新築マンション購入、やっちゃいけない勘違い!
■新築マンション購入の税金はいくら? すぐ計算できるテクニック
■新築マンション、増税後のほうがトクするケースとは?
■中古マンション購入、消費税は関係ないってホント?
■消費税がかかる物件とかからない物件の見分け方
■住宅を買うとき、大事なのは税金よりもアレ!?
~住宅購入で最も重要なポイントとは?~
■消費税増税後、不動産・住宅価格はどうなるか?
~これを言うと不動産屋に怒られる、消費税増税と住宅価格の真実~

第7章 主婦のためのFX税金完全マニュアル
~働く主婦の“税金の壁”はウソ!本当の壁が別にある!~

■配偶者控除は廃止されるってホント?最新リアル情報!
■主婦が悩まされる4つの税金の壁
■主婦が気になる1つめの壁=38万円 解説と対策
■38万円の壁は気にしなくていいってホント?
■主婦が気になる2つめの壁=103万円 解説と対策
■103万円の壁も実はウソなの?
■主婦が気になる3つめの壁=130万円 解説と対策
■130万円の壁も実はあいまい?
■主婦が気になる4つめの壁=141万円 解説と対策
■まとめ 結局、主婦はどうするのが一番得策なのか?
~結局、いくら稼ぐと不利? いくら稼げばトクする?~

第8章 会社のつくり方、完全マニュアル
~ 誰も教えてくれない法人設立時の裏ワザ、法人化で税金対策!~

■法人口座と個人口座、どっちが有利? ~会社をつくる5つのメリット~
【メリット1】 高いはずの法人税が、実は、個人より安く優遇されている!
【メリット2】 個人だと絶対できない最大の節税メリット!
【メリット3】 損失が出た場合、法人口座なら驚くような救済措置が!
【コラム】 法人が税金を払わないカラクリ
【メリット4】 中小法人限定、超おトク最大800万円の定額控除!
【メリット5】 個人口座のロスカット、法人口座で回避できるワケとは?

■会社のつくり方、完全マニュアル 9つのステップ徹底解説!
~ 誰も教えてくれない裏ワザ・マル秘情報すべて公開します ~
ステップ1) まず○○を探すことから始める
ステップ2) 危険な○○に注意!会社設立にかかる費用のウラ側
ステップ3) 一国一城の主になる!ワクワク楽しい、自分でやることはコレだけ
ステップ4) 意外と高額な○○、誰も教えてくれない節約テクニック
ステップ5) 開設する銀行口座、選び方のポイント
ステップ6) 面倒な会社設立後の手続き、これで楽チン
ステップ7) ○○は言いなりにならないよう要注意!この対策でバッチリ簡単
ステップ8) 税理士・公認会計士の選び方
ステップ9) この最重要・節税テクニックは忘れないで!

第9章 誰も教えてくれない非課税口座NISAのまさかの落とし穴!
~知らなかったじゃ済まない、NISAで後悔する8つの失敗例とは?~

■NISAの落とし穴Ⅰ うまくいったはずなのに、なぜか儲からない?
【ケースA】 うまくいったと思ったのに、非課税が適用されず落ち込むAさん
【ケースB】 一生懸命考えた戦略なのに、非課税が適用されずショックのBさん
【ケースC】 NISAで購入した投資信託が大当たり!なのに、全然儲けることができない落とし穴にハマり、暗い日々を送るCさん
■NISAの落とし穴Ⅱ NISAの期間満了後も大きな落とし穴が待っている?
【ケースD】 1円も儲かっていないのに、税金だけ取られて損。「こんなのあり得ない!」と憤慨するDさん
【コラム】証券会社が大きな声で言えない、NISAの隠れた落とし穴
【ケースE】 利益20万円なのに、利益80万円と見なされて税金を没収。NISAを使った結果、予想だにしなかった不幸な現実に泣きそうになるEさん
【コラム】 利益5万円なのに税金13万円をとられるウソみたいな本当のケース
■NISAの落とし穴Ⅲ 友人は税金ゼロなのにNISAを使った自分だけ税金を払うことになるという悲惨な落とし穴
【ケースF】 非課税のNISAをこまめに利用する“賢い判断”が、非課税どころか、全然儲かっていないのに税金を払わないといけない悲惨な結果を招いたFさん
■NISAの落とし穴Ⅳ NISAが有利と思ってやったのに、税金を取られた上に、値下がりして青ざめる
【ケースG】 NISAを利用するためにやったことが、最悪の事態を招き、弱り目に祟り目でNISAを使うんじゃなかったと後悔するGさん
【コラム】NISAが不利な決定的な理由とは?
■NISAの落とし穴Ⅴ NISAで投資を始める初心者には厳しすぎる条件
【ケースH】 初心者には高すぎるハードルで、やる気をなくすHさん
【コラム】 NISAを利用すべき人、利用すべきでない人の違い

第10章 FXの税金、トクする最新情報
■DMM FXの驚きのスワップ構造とは?
■FX節税の基本中のキホン「必要経費」Q&A
~必要経費で、税金の額がこんなに違う?!~
・必要経費として、どんなものが認められる?
・FXの必要経費について、普段の注意事項や対策は?
・領収書がない場合は、どうすればいい?
・インターネットで購入した場合は?  他、よくある厳選Q&A集