NHKスペシャル「雇用激変」/低収入の非正規労働者が増える一方で、正社員は体を壊すほどの激務を強いられるという「働く人の二極化」が進むその先にあるものとは?

NHKスペシャル「雇用激変」/低収入の非正規労働者が増える一方で、正社員は体を壊すほどの激務を強いられるという「働く人の二極化」が進むその先にあるものとは?2015年10月24日に放送された、NHKスペシャル「私たちのこれから #雇用激変 ~あなたの暮らしを守るには~」を紹介します。
(所要時間:約26分)

動画の内容

日本の未来の姿をシミュレーションし、対策を探る「私たちのこれから」。
今回のテーマは「激変する雇用」。
労働者派遣法の改正論議などが進む中、今、専門家たちが警告しているのが将来の日本に訪れるかもしれない「中間層が消えた活力なき格差社会」。それを招くのが、現在進む雇用の「二極化」だ。
低収入の非正規労働者が増える一方で、正社員は体を壊すほどの激務を強いられるという「働く人の二極化」。
このままでは、老後破産が相次ぎ、それを支えるはずの社会保障が税収減から危機を迎えるという最悪のシナリオも浮上している。
番組では雇用の現状を伝えるとともに、暮らしを守るために今からどんな手が打てるのか。
新たな中間層を作るための「限定正社員」といった多様な働き方や、非正規の人々を支えるための「処方せん」を専門家や市民の討論を通して探る。
また、放送中にスマホ・パソコン・データ放送から視聴者の皆さんに参加を呼びかける「視聴者ライブ投票」を実施、ツイッターやメールで寄せられる意見や質問も紹介、視聴者と一緒に考えていく。
引用元:NHKスペシャル

Continue Reading On at-douga.com »

「貯金2700万円」でも危ない…「老後破産」の現実

 

 「2人ともあと生きて20年ちょっとくらいだろうし、何とか足りるんじゃない?」と妻。「この先、医療や介護はどんな出費になるかわからないから、保険をかけているし、貯金のうち300万円くらいは手をつけないでおきたい。それでも、あと悩むとしたら、今は家を出た息子や娘から結婚資金や住宅資金を融通してくれ、と言われることくらいだろう」と夫。

 

老後破産を巡り、暗い話題が様々に取り上げられているが、「生活保護」「独居高齢者」などの言葉のイメージから、自分には無関係と思っていらっしゃる方も多いように感じる。しかし、ファイナンシャルプランナーとして多くのご家庭の家計を拝見させていただいている中で、放っておけば70歳代、80歳代に生活費が足りなくなると思われる世帯は少なくない。それが、「老後破産予備軍」だ。今回は、予備軍の間に“撤退”できるヒントを少しでもお伝えできればと思う。

 

もちろん、リタイア時点で貯蓄がほとんどない状態も老後破産に当たるかもしれない。ただ、その時点でわかっていれば、まだ60歳前後だろうから、生活費を見直したり、パートで働いたりするなどの対処法を考えるのが一般的だろう。まだ対処する余裕があるかもしれない。もっとコワイのは、リタイア時点では3000万円などのまとまった貯蓄を持っていて大丈夫と安心している層が、予想もしない老後破産を迎える可能性が高まっていることだ。

 

ただ、「」の定義はあいまいだ。「年金だけでギリギリの生活を続けている状況」(「老後破産 長寿という悪夢」NHKスペシャル取材班著)という位置付けもあれば、「高齢者の貧困=下流化」としたうえで、推定600万~700万人の「下流老人」を「生活保護基準相当で暮らす高齢者及びその恐れがある高齢者(「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」藤田孝典著)とする定義もある。そして、食費を切り詰めたり、病気になっても医者にかかるのをためらったり、他人との付き合いができなくなったりする高齢者の様子がリポートされる。

 

「貯金は2700万円あるし、年金と合わせて老後は余裕で乗り切れるのでは?」と考えているのは首都圏で持ち家に住むAさん夫婦。63歳の夫は60歳の時に定年退職し、現在月13万円の部分年金を受給中だ。60歳の妻はパートで月9万円の収入を得ており、世帯の1か月の収入は約22万円。一方、月の支出は食費、光熱費、交際費などで約25万円かかる。収入から支出を引いた赤字は約3万円で、年間約36万円の計算になる。夫が65歳になり、年金を満額受給すれば妻がパートを辞めても収入は変わらない予定だ。

 

 

老後破産 理由

高齢者世帯の約4割! 多くの人が逃げられない「老後破産 …

www.nikkeibp.co.jp › ライフ

2015/07/08 – 生活保護基準よりも低い収入で生活する「老後破産」状態にあるというのだ。 … 上記記事を執筆したファイナンシャルプランナー(FP)の藤村紀美子氏によれば、高齢者が老後破産状態に陥る原因は … そこにはそれなりの理由があるのだ。

「恐怖の老後破産」55歳からの防衛術 – 老後破産

老後破産.jp/「恐怖の老後破産」55歳からの防衛術/

「9月末にNHKスペシャル『老人漂流社会”老後破産”の現実』という番組を見て、背筋が凍る思いがしました」(Aさん). Aさんが戦慄を覚えたの … 食べるにも困る、この200万人の窮状を”老後破産”と呼ぶんです」(全国紙経済部記者). 高齢者の16人に1人が” …

このページに 2 回アクセスしています。前回のアクセス: 15/07/11

老後破産の原因と対策 ノンストップで紹介 – 老後破産

老後破産.jp/老後破産の原因と対策-ノンストップで紹介/

2015/04/10 – なぜ、老後破産に陥ってしまうのか? 破産をしてしまう理由は、元々経済的に厳しかったとか、 贅沢をしてしまった結果とかではなく、ごく真面目に定年退職まで働いた人が破産するというケースが多く見られるとういことでした。 特に最近は年金 …

為替王 : 老後、2人に1人が破産する理由 – ライブドアブログ

blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/52061273.html

2015/01/05 – 老後、2人に1人が破産する理由. 0205 「生活保護より低収入の高齢者世帯の割合が56%に達している」 衝撃的な調査結果が発表されました。 彼らの多くは、卒業後ずっと真面目に定年まで働いて、 老後は趣味・旅行など気楽な生活をおくる …

老後破産する原因11個~誰にでも老後破産の危険性は有ります …

www.danna-salary.com › お金の話

2015/04/05 – 老後破産・・・聞くだけで暗くなってしまいますね。しかし老後破産は誰にでも起こりうる事です。何がキッカケで老後破産に追いやられるかは分かりません。まずは老後破産してしまう原因をしっておきましょう。その上で対策を練っていけばリスク …

15/08/06 にこのページにアクセスしました。

2500万円の貯蓄があっても老後破綻する理由 – 新潟住まいの …

niigata-money.com/topic/2500-2/

2500万円の貯蓄があっても老後破綻する理由. こんな事例は初めてでした。 新潟住まいのお金相談室が行っている. ”マイホーム予算診断サービス”。 これからの人生の収入と支出を予測して. 未来の家計を予測を行っています。 現時点で分かっている情報を …

「老後破産」激増の危機と「大人のひきこもり」—『大人の …

gendai.ismedia.jp/articles/-/40843

2014/10/31 – 老後破産」激増の危機と「大人のひきこもり」—『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』著・池上正樹 | このたび、『大人のひきこもり―本当は「外に出る理由」を探している人たち』(講談社現代新書)を出版することになっ …

高齢者世帯の4割は老後破産状態?少ない年金、住宅ローン …

biz-journal.jp › マネー

2015/02/25 – 「Thinkstock」より テレビ、週刊誌などでは、「老後破産」と銘打ち老後の生活に苦労している高齢者を取り上げることが増えています。 「老後破産」とは、高齢…(1/2) … でシェアナンバーワン! 「趣味人倶楽部」が高齢者を魅了する4つの理由.

老後破産の現実 – 粉飾決算 脱税と倒産 – Blogger

funshoku.blogspot.com/2015/01/rougo-hasan-riyu.html

2015/01/31 – 老後崩壊の理由をまとめましたが、老後破産は想定外の支出によって、いつでも発生する可能性が高まります。子供の教育費は、老後破産に繋がるリスクがあると言われていますが、地元の公立進学と県外私立進学を比較すれば1000万円 …

【第2回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心 …

https://www.k-zone.co.jp/study/learning/MoneyNavi/…/02.html

今、年金生活を送っている世帯の64%は国の年金に老後の生活を100%依存しているそうです。こうした生活は老後の基礎的収入を得ることはできても、豊かな老後とはいえなくなります(今までも公的年金だけで豊かさは実現困難でした)。これからの世代は国 …