高齢者世帯の4割は老後破産状態?少ない年金、住宅ローン、子どもの借金…貯蓄4千万でも危険

テレビ週刊誌などでは、「」と銘打ち老後の生活に苦労している高齢者を取り上げることが増えています。

「老後破産」とは、高齢者が生活保護基準より低い収入で生活している状態を指し、現在、高齢者世帯の約4割が老後破産状態にあります。一人暮らしの世帯の半数は低収入で、そのうち3分の1は生活保護を受けており、残り3分の2の高齢者が老後破産の状態にあるようです。

これらの人々は定年退職前には自分が老後破産するということは考えたこともなかったといいます。会社員として定年まで働き、退職時には2000~4000万円の貯蓄があった人もいます。

では、どうして老後破産になってしまったのか、原因を考えてみましょう。

第1の原因として考えられるのは、年金が生活費より少ないケースです。2014年度の国民年金の月額は満額で6万4400円、夫婦2人で12万8800円と、生活できる金額ではありません。この金額は子世帯と同居することを前提に決められたものです。今後さらに年金額は減り、健康保険料、介護保険料は値上がりして年金から引かれるために、生活はますます苦しくなります。

厚生年金については、夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額は22万6925 円で、平均的な生活費とされている27万円より約5万円低く、生活するのは大変です。そこで、足りない部分を補うためには貯蓄が必要になります。夫婦で3000万円あれば老後の生活費は賄えるといわれていますが、老後破産してしまう場合もあります。

第2に、医療費の使い過ぎや、子どもの借金の返済を負担するケースです。貯金があっても、保険の利かない医療にお金を使い過ぎないことが大切です。高額医療には高額療養費制度を利用して支出を抑えましょう。子どもの借金は子どもに返済させましょう。援助し過ぎると、自分の老後が破綻してしまいます。

第3に、定年を過ぎても住宅ローンが残っているケースです。年金収入だけでは生活費も足りない状況ですので、ローンなど払っている余裕はありません。定年までに払い終わるようなローン設計をしなければ老後破産となります。

70歳からのビンボーはこんなに怖い、老後を良く考えよう – NAVER まとめ

 

 

 

 

現在65歳の人で20歳から60歳まで厚生年金に加入していて、40年間(480か月)保険料を払ったとする。年収が400万円を超えていた場合を想定し、平均月給与が38万円とする。その場合、厚生年金部分は、年間約120万円支給される。国民年金部分は、年間約78万円支給される。だから、合計金額は約198万円で、月に直すと約16万5千円が支給される年金ということになる。あるいは、そこまでの収入がない場合もある。そもそも実質賃金も下がっているわけだから、平均月収が38万円もないという場合も多い。40年間の平均給与が月25万円で計算してみる。そうすると、現在65歳の人は、厚生年金部分は約79万となり、国民年金部分は78万となる。合計しても157万であり、月額 約13万円しか支給されない(日本年金機構の水準により計算)。国民年金のみの場合では、年間の支給額は約78万円だけであり、月額は約6万5千円だ。そして、これから年金支給額は下がることが予想されている。この支給水準を保つことも難しい。要するに、実際に年収400万円程度だと、「老後にもらえる年金額は月20万円を下回る」ということが分かる。

 

[東京 22日 ロイター] – 日本では雇用や賃金の改善にもかかわらず、消費は依然弱々しい。その謎を解く1つのカギは年金生活者にあるとみられている。約4000万人と総人口の3割を占めるにまで増加したことで、賃金や雇用の改善が波及せず、消費増税や物価上昇の影響が大きく出ているという。物価は上げたいが、物価が上がり過ぎては消費を押さえてしまうため、日銀にとっての「ジレンマ」でもある。 <雇用や賃金は改

 

 

http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fstatic.blogos.com%2Fmedia%2Farticle%2F112401%2Fref_l.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

 

 

http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Famd.c.yimg.jp%2Famd%2F20150722-00000005-argent-000-1-thumb.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

 

 

 

所属の変更手続きは自ら行わないといけない今まで所属していた「第3号」と「第1号」との一番の違いは、保険料の納付の有無です。第1号被保険者となると、国民年金の保険料を支払う必要が生じます。夫が会社を定年退職すると、夫の保険料(厚生年金保険料)支払いは終わって一段落なのですが、妻は第1号被保険者として、国民年金保険料の支払いがスタートするということになります。

 

 

老後 一人暮らし

15年後に身寄りのない老人になりそうです
その時、安心して老後を生活できるようになるには
どうしたらいいか相談させて下さい

年金は手取で11万円/月ぐらいもらえそうな計算ですが
(将来どうなるかわかりませんが・・・)
住まいはなんとか確保できると思うので、健康な間はやっていけると
思います
痴呆やねたきりになったらその後が心配です
有料老人ホームの料金を調べたところ月20万円近くします
住まいを売却してそのお金で入っても
10年後ぐらいには資金不足ででていかなければなりません
病気にでもなればまとまったお金が必要でしょうし
入居していられる期間も短くなります
一回まとまったお金を払えばお金の心配をする事なく
痴呆やねたきりになっても生涯面倒みてくれる
施設なんてないですよね?

もしくは終身の健康保険と介護保険に入っていれば
ねたきりや痴呆、動けなくなったとしても死ぬまで面倒みてくれる
保険ってあるのでしょうか?
そのようなものがあったとしたらその施設に入るためのお金が
どれぐらい必要なのか
ねたきりや痴呆になっても介護してくれて生活していくのに
十分な金額が得られる保険があるならどれぐらい保険金が
必要なのか知りたいのです

もしそういった施設も十分な保険もないとしたら
健康な間は自宅で頑張り、動けなくなったら介護付老人ホームに入り
資金が尽きたら生活保護を受けるような感じになるのでしょうか?
年金収入11万/月の介護が必要な老人が生活保護を受けなんとか
生きていけるものでしょうか?
生活保護以外の痴呆やねたきりに対する援助が何かあるのでしょうか?
このあたりがよくわかりません

(1)定年後どのようにすごすのがいいのか?
 ・元気なうちは自宅でがんばり動けなくなったら
  自宅を売却し介護付老人ホームに
  資金が尽きたら生活保護
 ・定年後に自宅を売却し最初から老人ホームに入り
  資金がつきたら生活保護
 ・その他
(2)定年までの準備はどうしたらいいのか? 
 ・とにかく貯金
 ・貯金より個人年金
  年どれぐい受け取りできて
  どのくらいの期間受給できる個人年金がいいでしょうか?
  終身がいいのかな?
 ・貯金より個人年金と健康保険、介護保険?
  どんな保険に入るのがいいでしょうか?
 ・その他
(3)痴呆やねたきりになった場合
 なんらかの補助をしてくれる制度があるのでしょうか?
 生活保護ぐらいですか?
 それでなんとか生きていけますか?

どうか(1)(2)(3)についてアドバイスお願い致します

ご質問の内容を拝見しますと、
老後に必要なお金の悩みと健康に不安をお持ちだということのように推察されます。

私は55歳の独身です。
もちろん同じようにそういった不安はありますが、年をとることを減点方式で考えないで
加点方式で考えるようにしています。

よく例えられることですが、コップ1杯入った水が、半分になってしまった時に、
「もう半分しかない」と思うか、「まだ半分ある」と思うか。

あなたはいかがでしょうか?

人生90年の時代に突入し、60歳以降に必要な老後の生活資金は、月額20万円としても
20万円×12ヶ月×40年=9600万円です。

年金額が11万円位だということですが、持ち家なら住居費はありませんが、
光熱費や食費などが必要なので、不足する事態も想定されます。

しかし、それだけでやりくりして何かしらの仕事をしてそれにプラスアルファがあれば、
生活できないことはありませんし、高齢者ホームも低額で入居できる
軽費老人ホームA型というのがあります。
⇒http://xn--u8ja6qulza1ov54sjizbvycd74ct6yi65a.ne …

ですが質問者さまの気がかりは、どのような老後を過ごしたいのか?
というビジョンが見えてきません。

定年後に自分の楽しい人生を送るための計画を立てることが大切なのではないかと思います。

もちろんそのためには、ご自身の健康管理にも気をつけないといけないですし、
働いたお金を多少は貯蓄もしていかないといけませんが・・・

ただ、高齢になればなるほど身体機能は低下しても、叡知や人生経験は
深みを増し、精神機能は最期の時まで、成長し続けます。

世のため人のために貢献する気持ちを持ち続けることで充実した余生を過ごすことができるのではないでしょうか。

数年前、ある養護老人ホームへ、親のことで相談に伺った時、ついでに、もし入所するなら費用は?と質問したことがあります。
うろ覚えですが・・・。その時は、月に約7万から8万で、夏と冬は冷暖房費がひと月あたり500円ほどプラスだと言ってたと思います。風呂は3日に一回。
ただ、私が見学した施設は、かなり古くて、私はここで生活したくないと思いました。

うちは、別質問させていただいてますが、とんでもない親がいて、50歳代の頃から生活保護を受けたがっていました。
しかし、月11万の年金を受給してたので、役所で、鼻であしらわれてばかりいたそうです。
借金しまくって、年金も担保に入れてしまい、自己破産まで勝手にしてたので、無収入となり、賃貸家賃を払えず退去命令が出て、栄養失調の点から病気になって、とりあえず医療の生活保護を受けることができたようです(その前に、子供が援助を打ち切って、縁切りした)。
それがあって、普通なら順番待ちの養護老人ホームへ、急に入居させられたようです。
年金手帳を取り戻し、年金を受取ってからは、医療の生活保護も打ち切られたと聞いてます。
昔ならともかく、これだけ財政厳しくなって審査がきつくなってきてるので、簡単に生活保護は受けられるものではありません。

身内がおらず、寝たきりになったら、特別養護老人ホームがあるそうです。
が、どちらの公的な老人ホームも、昨今の地方自治体の赤字で、閉鎖をしていくところもあって、数は十分かどうかはわかりません。

(自治体によるかもしれませんが、私の知る複数の全自治体では)現行の制度で、年寄りの一人暮らしの家に、役所の係員が1年に一度か?何度か?、巡回するのはあります。これは遠方に息子が住んでいる場合も同じです。

私も子供がおらず、ゆくゆくは、夫婦のどちらかが身寄りのない年寄りになるのですが、私なら持ち家は入院生活になるまでは手放しません。固定資産税を払ってでも、雨漏りしまくっても、売りません。
私自身、身体に障害があり、その点からも福祉制度を利用したくても、現行のサービスは全く使えないものばかりで、理不尽さも呆れるくらい感じてます。だから、私達の時代はもっと高齢者が増えるのに、行政など益々あてにはできません。

質問者様が今できることで、拙い私が言ってあげれることがあるとしたら、もし今健康なら、維持することです。それと貯金。そして、土地があるなら、ネギのひとつでもプランターで作れば、少しでも買わずに済みますし、若い頃から勉強しておけばこれから役に立ちます。趣味にもなります。ご近所さんと日頃から仲良くしておくことも大切です。
月10万の収入では病院代の支出まではたいへんですから。貯金を切り崩していくことになるでしょうけど、医者代だけはいくら必要なのか検討もつきませんから。
タバコを控え、酒を控えて、薄味がいいでしょうかね?
老後、買いたくなる衣類は、受診が増えるでしょうから、下着が欲しくなると思います。

行政の福祉制度は、年々少しずつ変更もあります。役所の人も、このところしょっちゅう改定があって、勉強してついていくのに、しんどいと言ってました。15年後20年後、どうなっているかはわかりません。

現在は夫婦で生活していますが、2人いっしょに死ぬということはなく、まずどちらかが1人になることはまちがいありません。
夫婦でも独居になる日は必ずきます。
自分たちが姑の介護で辛いおもいをしてきたので、子供には介護はさせたくありません。
私たちの地域では食事を宅配してくれるサービスがあって、孤独死していた人を発見したという話はよく聞きます。誰かが必ず毎日訪ねてきてくれれば、ある程度までは1人で暮らせると思っています。
今は体が悪くなれば、市役所で相談して介護保険で、ホームヘルパーや、ディサービス、施設入所とか、ケアマネージャーさんが相談にのってくれます。
今後、独居老人はますます増えるとおもうので、元気な老人が弱った人の面倒をみるような制度ができるといいですね

成年後見員は,弁護士に依頼すると,毎月4万円だそうです。
大変高いので,別な方法を取られることですね。

⇒ホームページで検索するとどこも20万近くかかるところばかり
でした
11万円で老人ホーム入居,又は,国民年金額で入れる,老人ホームは宣伝し無くっても,幾らで居るの
で宣伝したら,入居者が殺到し過ぎて困ってしまいますから,ネットでなんか,宣伝等全くしません。

その代わりに,質問者様が,市役所か,又は,区役所の,社会福祉課に,老人ホーム入居金額等,
自分の年金額に合った老人ホームがあるかをご自分で打診して見る事です。

テレビで沢山見ているのでそこら辺は役所の社会福祉課にお尋ねしてみてください。

★グループホームセンタ等も色々なタイプが在って,6人程度で共同生活し,各個人部屋やがって,
食事等も皆一緒に自分達で作ります。部屋代と生活費が取られますが,質問者様の年金でも大丈夫です。
このタイプの場合,体が悪いとお互いが,健康な方が介護するとか,互いに助け合って共同生活する
システムのもありました。6人が家族に成るシステムです。

お子さんが,いらっしゃる方も,このシステムが気に入って,入っている方も居ます。

非正規雇用かは関係ナシ!? “老後破産”に陥る人の共通点

非正規雇用かは関係ナシ!? “老後破産”に陥る人の共通点

【女性からのご相談】
40代の主婦です。子どもはいません。私はスーパーのアルバイト、夫は通信関連の会社の契約社員で月収はふたり合わせて20万円台前半。夫には頼れる実家というものはなく私の方は近郊に実家がありますが兄夫婦とその子どもたちもおり、入り込む余地はありません。世帯収入の半分近くは家賃に消えます。

子どもがいないので何とかやってはいますが夫婦ともに非正規のため、いつ雇用契約を更新しないといわれても不思議はありません。年金の支給が始まるまでの間つないで行けるのかと考えると、夜中に飛び起きてしまいます。これは“神経症”というものでしょうか? 夫婦共通の趣味でもあるテディベアのコレクションをネットオークションで売って多少の副収入を得ていますが、不安は消えません。

a 今は非正規で当たり前。それだけで老後破産を心配することはありません。

総務省によって公表された『平成24年就業構造基本調査結果』によれば、“雇用されている人”に占める“非正規の職員・従業員”の割合は38.2%で、働く人のおよそ4割に達していることがわかりました。今やわが国では“非正規で働く”ことは“当たり前”のことなのです。

公共放送が2014年9月に特集した『老人漂流社会“老後破産”の現実』という番組では、今わが国では200万人余りの高齢者が“破産”寸前の状況に追い込まれているという現実を紹介していました。

“老後破産”の具体的事例として紹介されているような人には(その衝撃性ゆえに取り上げられたということもあるとは思いますが)かつては正社員として働き十分な収入と持ち家があり、相応の貯蓄もしていたような人も少なくはなく、“非正規=老後破産”ということでは決してないのです。

下記の記述は都内でメンタルクリニックを開業しうつ病や神経症を中心とした精神疾患と雇用の不安の問題に向き合っている精神神経科の臨床医に伺った話しに基づいて、すすめさせていただきます。

神経症は薬物療法で症状の改善はできますが、それが本質的な解決とはなりません

『ご相談者さまの場合は不安を主症状とする神経症で、不安神経症が疑われます。ただし、国際疾病分類などでは、「神経症」という用語はすでに正式な診断名としては使われなくなっているため、「全般性不安障害」と呼ぶのが正しく、心配ごとや悩みなどを原因として発症し、慢性的な不安や緊張といった精神症状と眠りの途中で目が覚める・息苦しさ・動悸などの身体症状がみられます。

抗不安薬などを用いた薬物療法である程度の症状の改善は期待できますが、それだけでは問題の本質的な解決にはなりません。非正規の雇用形態には、“会社の都合でいつ雇い止めになっても契約上文句が言えない”ことへの不安感が常に伴うため、その不安を軽減しないと根本的には治らないといえます』(50代女性/前出メンタルクリニック院長・精神神経科医師)

わが国のある著名な哲学者は、「非正規雇用が就業者全体に占める割合は今後も増々大きくなる」と述べており、その理由は、「企業の間接部門は開発・製造といった直接的に収益を生む部門のように自分の成果を数値化して示すことができないため“人に関わるコストをどれだけ削減したか”で成果を主張するようになるからだ」という趣旨の説明をしています。

では、今後もどんどん“非正規で当たり前”になっていく流れの中で、いたずらに“老後破産”の不安に陥らずにイキイキと暮らして行くには、どうしたらいいのでしょうか。

老後破産の状態に陥る人に多く見られる共通点~非正規の人にはない問題点がある~

『各種メディアの“老後破産”に関する報道をみると、その憂き目に遭っている人の多くにはいくつかの共通点があるように思えます。それまでは経済的に比較的恵まれた状態にあったのに、病気・怪我・事故・倒産・解雇・離婚などの不慮の事態に遭遇したという点と、遭遇後もそれまでの生活様式や金銭感覚をなかなか変えられなかったという点です。

そういった点は、もともと、「今月はいくらいくらの範囲内で生活しなきゃ」といった自己管理ができている非正規で働く人たちにはない問題点といえます。逆にいえば、状況に応じてライフスタイルを変えることができる人は、老後破産にまでは至らないということです。

ほんの一例ですが、「アイビーリーグ・モデル」という米国の大学生のスタイルをわが国に紹介し1960年代から70年代にかけて一世を風靡したアパレル企業の創業者社長は、1978年に約500億円の負債を抱えて会社が倒産してからはそれまでの贅を尽くした生活様式をガラリと改め、「清貧」をモットーにフリーの紳士服プロデューサー兼エッセイストとなって、2005年に93歳で没するまで、「お金では買えないお洒落」を提唱しつづけました。

こういう人は、経済的に満たされた状態から一転不遇な状況に陥ったとしても、“老後破産”への道は進まないのです』(50代女性/前出メンタルクリニック院長・精神神経科医師)

雇い止めに遭うおそれもあるが、次の職場が見つかる確率も高い

また、これだけ非正規が当たり前の社会になってくると、企業はもはや非正規の人なしではとても業務を回していくことはできません。ご近所のスーパーを思い起こしてみてください。レジを担当している人は全員“非正規”のパートさんやアルバイトさんです。そうでなくても最小限の人数しかいない正社員がレジに入りっぱなしになっていたら、今度は管理業務に手が回りません。

つまり、今の職場で雇い止めに遭っても次の職場が見つかる確率はとても高いのです。

特に労働集約型の業種である小売業や飲食業、食品加工業、運輸梱包業、観光業、介護福祉事業、その他サービス業全般においては、その気になって探しさえすれば何かしらの募集が常に存在する状況が今後も続くことは間違いありません。

雇われずに収入を得る道は、用意しておくに越したことはない

非正規雇用という“雇われ方”に不安がつきまとうのは事実ですので、旦那さまと共通の趣味でもあるテディベアのご商売をより付加価値を高めた形にレベルアップして、“雇われずに稼ぐ道”を作っておくことをもよいかと考えます。

申請時に手数料は要りますが、所轄の警察署から“古物商”の許可をもらえば、アンティークとしての価値の高いテディベアも堂々と扱うことができます。テディベアは世界中に愛好家がいますから、日本製で希少価値の高いものをネットで紹介するなど、ご夫妻で楽しみながら深めていけば思わぬ好結果が期待できるかもしれません。

『ご相談者さまご夫妻はこれまでも、親族にも頼らず二人で肩を寄せ合って生きて来られたのですから、その事実に自信と誇りを持ちましょう。自信と誇りが持てたとき、気がついたらいつのまにか、夜中に不安で飛び起きることもなくなっているかと思います』(前出・精神神経科医師)

老後破産 なぜ

高齢者世帯の約4割! 多くの人が逃げられない「老後破産 …

www.nikkeibp.co.jp › ライフ

2015/07/08 – … 者世帯の実に半数近くが実現できていないという。生活保護基準よりも低い収入で生活する「老後破産」状態にあるというのだ。 … なぜしなかったのか」、こう叫ぶ人もいるかもしれない。だが、それが口で言うほど簡単にできたなら、多くの …

老後破産する原因11個~誰にでも老後破産の危険性は有ります …

www.danna-salary.com/about-money/sunset-years-bankruptcy-reason/

2015/04/05 – 老後破産・・・聞くだけで暗くなってしまいますね。しかし老後破産は誰にでも起こりうる事です。何がキッカケで老後破産に追いやられるかは分かりません。まずは老後破産してしまう原因をしっておきましょう。その上で対策を練っていけばリスク …

15/08/06 にこのページにアクセスしました。

老後破産の原因と対策 ノンストップで紹介 – 老後破産

老後破産.jp/老後破産の原因と対策-ノンストップで紹介/

2015/04/10 – なぜ老後破産に陥ってしまうのか? 破産をしてしまう理由は、元々経済的に厳しかったとか、 贅沢をしてしまった結果とかではなく、ごく真面目に定年退職まで働いた人が破産するというケースが多く見られるとういことでした。 特に最近は年金 …

為替王 : 老後、2人に1人が破産する理由 – ライブドアブログ

blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/52061273.html

2015/01/05 – 今苦しくても老後は楽に生活出来る、は大きな勘違いの時代がやってくる? ・老後も更なる重税負担の時代へ なぜ増税しないといけないのですか? ・現役時代まじめに働いても老後破産してしまう理由とは? ~今の現役世代は50%以上の …

急増する「老後破産」 その原因とは? | 資産形成.com

asset-formation.com/2015/07/21/reserve-for-old-age-1/

2015/07/21 – 老後破産」とは、高齢者が生活保護基準より低い収入での生活を余儀なくされている状態を指し、高齢化社会が進行する日本において大きな社会問題となっています。そこで今回はこの「老後破産」はなぜ起こるのか、その原因についてお話して …

70歳からのビンボーはこんなに怖い、老後を良く考えよう – Naver …

matome.naver.jp/odai/2138871137787082201

2015/07/23 – 70歳からのビンボーはこんなに怖い、老後を良く考えようのまとめ. … 老人漂流社会〝老後破産〟の現実 NHK. 新幹線焼身 ….. なぜ高齢者はエアコンを嫌うのか; 老人・高齢者向けの運動会の競技種目; 欽ちゃんが74歳で大学合格!!年配 …

15/08/06 にこのページにアクセスしました。

高齢者世帯の4割は老後破産状態?少ない年金、住宅ローン …

biz-journal.jp › マネー

2015/02/25 – 「Thinkstock」より テレビ、週刊誌などでは、「老後破産」と銘打ち老後の生活に苦労している高齢者を取り上げることが増えています。 「老後破産」とは、高齢…(1/2)

「現役時代きちんと働いていたのに…」なぜ起こる老後破産(経済 …

jisin.jp/serial/社会スポーツ/economic/10787

2014/11/14 – 必死で働いた現役期間を終えた老後、年金生活に入るや、思いもかけない形で老後破産の瀬戸際を生きるーー。そうした事例を『NHKスペシャル 老人漂流社会“老後破産の現実』(9月28日放送)ではリアルに取り上げ、「早く死にたいーー」 …

ストップ、老後破産!のために知っておきたい現状と対策 – Home’s

www.homes.co.jp › HOME’S PRESS › 買う

2014/12/27 – 2年前、警鐘を鳴らすつもりで老後破産の本を出そうとしたという高橋さん。その時点では危機が認識されておらず、住宅ローンの借り方の本になってしまったそうだ。今、満を持して老後破産の事例、対策についての本を執筆中とのこと.

1人暮らし高齢者の半数近くが年収120万円未満-急増する …

www.yomuradio.com/archives/8084

2015/02/20 – 今、1人暮らしの高齢者が全国に約600万人おり、その半数近くが年収120万円未満ということだ。これは「老後破産」と呼ばれている。なぜ老後破産が広がっているのか? 解決策はあるのか? NPO法人「ほっとプラス」代表理事の藤田孝典 …